こいずみのナンパセックス体験記

ナンパのこと、セックスのこと

田舎で出会ったエステティシャン ストリート編

前回更新した茂木忍似中国人の話が、何故か途中から消えてしまっているため、萎え中のこいずみです。そんな萎えている時でも、性欲に身を任せ、とある地方へ行ってきた時にナンパで捕まえたエステティシャンの話です。

 f:id:so_sick:20170623002258j:image

 

 

某日、とある地方のとある田舎へ行くことに。

午後8時、田舎のナンパってどんな感じなんだろうと思い、声掛け活動を始めた。

 f:id:so_sick:20170623002631j:image

 

「こんにちは!」

すごい、反応が返ってくる。

 

「こんにちは!」

すごい!みんな話を聞いてくれる!

 

この日は無視されることが一度もなかった。

後々わかったのが、この街はナンパ自体が全くなく、珍しいらしい

 

ただ、人が本当に少ない。少ないというよりいない。

都内であれば、まるで大貝獣物語のように、次々に女の子とエンカウントするのに対し、この田舎には本当に人がいない。5分歩き回ってやっと声かけられるくらい。

 

 

そんな中、一人目をスタバに連れ出し

 

「ここって夜何してあそぶん?」

と聞くと、ここでは遊ばないよ、とみんな遊ばずすぐに帰宅するらしい。

そして、

ーこんなところで声かけられたの初めて

ナンパ行為自体が珍しいらしい。何かのセールスだと思っていたと。

 

そんなに食い付きあげられなかったため、30分程度で解散

 

 

その後も続けて女の子を探す。

 

いない。

 

めっちゃ歩き回る。

 

いない。

 

もう帰ろうかなと、思っていたところに、ちょうどいい感じのギャル発見!

 

f:id:so_sick:20170623002258j:image

 

「こんちわ」

反応が帰ってくる。

 

「ここなんにもなくない?笑」この地域の話で笑いをとる。

 

今から友達と合流するところらしい。

適当に話して、ある程度盛り上がったところで、

「もう合流せんでええやん」と冗談めかす

どうやら帰るのめんどくさいから、帰るか友達と合流するか悩んでいるらしい

 

「ええやん、ええやん、マックシェイクいこ」マックシェイク120円。2人で240円。

ーマックシェイク好きじゃない

ありえない。そんな人間いない。

「んな一杯いこか」

いいよ、と飲みたりてないらしい。

 

ただ土地勘が全くなく、相手もここらへんのお店に詳しくなかったため、ホテルの写真を見せて、

 

f:id:so_sick:20170623002844j:image

「この部屋やばない?笑」

めっちゃ良いやん!となかなかの好感触。

そのまま、コンビニでお酒を購入し、ホテルへ向かう。

 

 

ガチャ

 

ーすごい!広い!

そうだろうと言いながら、少し距離を空けて座る。まだそこまで距離を詰められていないと感じた。

 

テレビを見ながら、住んでるところのこと、東京のこと、似ている芸能人の話、などの話をして、少し距離が縮まった。

 

「彼氏おるん?」鉄板の質問。

ーいないよ

最近別れたらしい。

 

「モテそうやん」

ー全然モテないよ

「性格悪いもんな笑」と茶化しながら、徐々にプライベートな話をしていく。

 

エステティシャンしてるよ

「まじで!?」マッサージされるのもするのも好きな自分は、すごく食いつく。

 してあげよかー笑、と相手からのお誘い。断るはずもなく、ほいほい承諾。

 

「お返しに、してあげるよ」とマッサージのお返し。

 

 f:id:so_sick:20170623003007j:image

そのままイチャイチャして、おっぱじめましたとさ...

 

 

 

今回たまたま相手が見つかったから運が良かったものの、田舎でのナンパは厳しいとすごく感じました。ただし、ナンパが街に浸透していないので、競争相手もおらず、警戒心もあまりなく、ナンパ自体はしやすいのかな!

そして、今回は生理中だったので、フェラまででした笑 正直、僕は乳首を舐めてもらえればそれで満足です!笑